出口調査

 

衆議院議員総選挙、山口市長選挙と

山口では選挙が続きました。

 

 

山口に来て2年半。

私にとっては、山口で迎える初めての選挙でした。

投票日は予定があったので、期日前投票へ。

 

 

 

 

投票を終え、

投票所を出たところで女性に声をかけられました。

 

 

「NHKです。出口調査に協力してもらえませんか?」

 

 

とても感じのいい女性でしたが、

とっさのことだったので・・・。

 

 

八谷 : 「すみません、私yabの社員なんです。」

女性 : 「・・・そうなんですか、失礼しました。」

 

 

少し気まずい雰囲気になり、その場を去りましたが、

しばらくして、申し出を“断ったこと”

申し訳ない気持ちがこみあげてきました。

 

 

だって、知らない人に声をかけることってエネルギーを使うじゃないですか。

きっと女性は、意を決して私に声をかけてくれたと思うんです。

私たちも、職業柄街頭インタビューをすることがありますが、

断られると結構こたえるんですよねぇ・・・。

 

 

女性に悪いことをしたなぁ」

「同業者だからって協力しちゃダメだという決まりはないもんなぁ」

「あぁ、出口調査したくてしたくてしょうがない!」

 

 

いろんな感情がこみ上げてきましたが、

かといって、わざわざ女性のもとに戻り、

 

 

「こんな僕ですけど、もう1度だけチャンスをくれませんか?」

 

 

と懇願するのも何か違う(笑)。

 

 

そんなことを考えながら、家路につきました。

ふと思いました。

そもそも、同業者にさえ「yabのアナウンサーであること」

認識してもらえないとはまだまだ努力が足りないな、と。

選挙に例えるなら、「知名度の低さ」は致命的です(笑)。

 

 

もっと頑張らないといけないなと、

改めて気づかせてもらえた衆院選でした。