年の瀬の失敗談

早いもので、今年も年の瀬

みなさん、年賀状の準備はお済みですか?

 

 

わたしは自宅のプリンタで印刷していますが、

毎年、ハガキのセッティングを間違えてしまい、

1枚目は必ず、「裏表」あるいは「上下」逆さまに印刷してしまいます(笑)。

 

 

さて、年賀状には自筆で一筆添えたいものです。

例年ボールペンで書くのですが、

今年は「大人の階段」を上ろうと思いまして・・・万年筆を購入しました!

サラサラと文字をしたためる、デキる男をイメージしながら

なかなか高価なものを購入したことは、妻には内緒です(笑)。

(といっても、万年筆の中ではそれほど高価ではないようです)

 

 

私も30代半ば。

そういった「たしなみ」があっても良いのではないかと思いましてね。

まぁ、大人の余裕とでも言いましょうか。

 

 

しかし、事件は起こりました。

 

 

さっそく一筆書いてみようと、はやる気持ちを抑えながら机の前に座りました。

「大人の階段、大人の階段♪」

つぶやきながら、インクカートリッジを入れました。

 

 

「パイルダーオ~ン!!」(心の声)

 

 

ところが、待てど暮らせどインクは出てきません。

 

 

「・・・あれ?」

 

 

何度か試してみますが、ウンともスンとも言わない。

わたくし、ちょっとだけイライラしてきましてね、

(もはや大人の余裕」なんてどこにもありません)

改めてインクカートリッジを強めに押し込んだところ・・・。

 

 

「バキッ!!」という鈍音(!?)とともに

大量のインクが溢れ出してきました。

ポタポタッなんてかわいらしい擬音では表せません。

ドボドボドボッとインクが垂れてきまして、

瞬く間に机の上は青黒いインクの海に。

 

 

自然と口をついて出てきた言葉は

「オーマイガッ!」

 

 

「あれ? わたしアメリカ人だったかしら・・・?」

 

 

いや、そんなこと言っている場合じゃない!

慌ててインクを拭き取りました。

 

 

「短気は損気」とはよく言ったものですね。

万年筆の中を見てみると・・・プラスチックの部品が折れていました。

 

 

手前が折れた部品です

 

 

購入当日、修理行きに

まだ一文字も書いていないんですけど・・・。

年内の修理は難しいとのこと。

万年筆デビューは年越しになりました。

 

 

大人の階段・・・完全に足を踏み外してしまった

そんな2017年の年末です。

 

 

みなさま、2017年もありがとうございました!!

よいお年をお迎えください

そして、来年また元気にお会いできると幸いです!!