結局課題ばかり

少し遅くなりましたが…

 

10月7日、8日に開催された「yabふれあいフェスタ2017」、

たくさんの方にお越しいただき、本当にありがとうございました!

トークショーやイベントの合間に、視聴者の皆様と直接お話できる機会もあり、

楽しさと共に、私自身とても幸せな2日間でした!

 

そして、今年も…

 

もはや恒例となった「ゆるキャラ玉入れ」

多くのキャラクターが登場した今回も、ありがたいことに実況を担当させて頂きました。

解説も、もはや「おなじみ」の勝津正男さん。

「実況:楢﨑 解説:勝津」

…おそらく全国を探しても他にいないであろう、「ゆるキャラ実況コンビ」です。

 

ただ、これが毎年、とても勉強になるのです。

 

著名なゆるキャラから初登場のゆるキャラまで、

特徴や誕生の背景、性格などは様々。

そのひとつひとつを調べ上げ、わずか1分間の競技中に盛り込んでいきます。

高校野球に負けないくらい、資料作りも真剣です。

その情報を、わずか60秒の競技中にどう盛り込むか?

情景描写もしつつ、

適切な情報を適度な量でタイミングを見計らって入れることで、競技の楽しさがさらに引き立つので…

これ、想像以上に難しい。

 

ついついしゃべりすぎて情景描写や進行がおろそかになってしまいがち。

しかし情景描写にこだわると、しっかりとした情報を入れられず中途半端に…

うーむ。難しい。

 

ただ、解説の勝津さんが、

当日ゆるキャラひとりひとり(単位がわかりませんが…)に丹念に取材した情報を

「ここぞ」のタイミングで入れてくださるので、なんとか混乱せずにすみました。

やはり勝津さんの技術は凄い…

 

楽しいイベントではありますが、今年も、自分の課題を多く見つけられたように思います。

今回で3回目。いつまでやらせてもらえるかわかりませんが、

またの機会を楽しみにしつつ、さらに研鑽していきたいと思った「ふれあいフェスタ」でした。