腕前探訪とは

2007年、yab山口朝日放送と朝日新聞社が共同で、山口県内在住のさまざまなジャンルの作り手の作品とその技にクローズアップした企画「腕前探訪」を放送・紙面に記事掲載を行いました。ご紹介したのち、視聴者のみなさまから「どこで購入できますか?」などのお問合せを多くいただこともあり、ぜひ、県内の優れた作家のみなさまの商品を手に取って感じていただきたいという想いから、2008年に本展覧会をスタートさせました。9回目を迎え、これまでにおよそ80名の作家・生産者のみなさまに参加いただきました。本年度も、主催者選りすぐりの作家・生産者のみなさまにご協力いただいております。みなさまの卓越した技を感じ、その心意気を暮らしに取り入れていただければと思っております。

出展者一覧(工)

出展者一覧(食)

出展者一覧(日にち限定出展)

匠の技が光る!腕前探訪|オリジナル商品企画〜テーマ『9(キュウ・ク)』

去年まで実施してきた腕前探訪の目玉企画「ふるさとの匠・腕前探訪プロデュース コラボ企画」。コラボ商品は、「ここでしか買えないオリジナル商品」として来場者から好評を得てきました。そして、今年は、テーマをもとに匠たちがオリジナル商品を作る「匠の技が光る!腕前探訪オリジナル商品企画」を実施します。テーマは、今年で9回目を迎える腕前探訪にちなんで「9(キュウ・ク)」です。匠の技で、どんな商品が誕生するのか!?

企画参加予定

  • 2009年に布花の先生と出会ったことがきっかけで、翌年、ファッションの一部として身につける花飾りを中心に作り始める。2011年、美容師である夫の開業を機に、お店の片隅に販売開始。現在は、県内外の出店を中心に活動している。
  • 萩市で代々大漁旗をはじめとする染物業を営む。だんだんと減っていく大漁旗などの染めの技術を生かし、手ぬぐいやかばんなどオリジナルの商品を発表。中でも、大漁旗をモチーフにしたデザインや萩の夏みかんなどのデザインが人気。県内はもちろん、東京などでも展示販売を行う。
  • 昭和33年、装飾テント・トラックシートなどを製造するテント店として創業。創業者が作っていた綿帆布のかばん作りをヒントに、平成19年からテントの生地でオーダーの帆布かばん作りを開始。現在は宇都宮帆布工房も立ち上げ、テントの技術を生かしたかばん作りを行う。
  • 重要無形文化財金工保持者(人間国宝)・山本晃氏に師事。日本金工展文化庁長官賞、日本伝統工芸展日本工芸会会長賞、山口県芸術文化振興奨励賞、第20回エネルギア美術賞などを受賞。現在、日本工芸会正会員。
  • 大学時代、教授から彫金を勧められ創作活動を開始。2003年から彫金作家としての活動を行う。2009年 山口駅通りに店をオープン。山口県内を中心に、展示会やワークショップなどを開催。やまぐちACS賞受賞。身に着ける人の装いや、心に寄り添う作品の制作に取り組む。
  • 自動車メーカーで開発用エンジンの鋳造用木型製作部門に配属となり木の仕事と出会う。1991年退社後、帰郷し「重田木型」を開設。1998年木のおもちゃのデザイン、制作を開始。2003年ギャラリーオープン。現在は、より良質な木のおもちゃ作りを目指す。
  • 東京造形大学デザイン科卒業後、陶芸を志し、1993年に山口市大内に窯を築く。萩焼の土をベースに金・銀彩を施した器や花器、オブジェなどを制作。東京、福岡、広島など各地で個展を開催。女流陶芸会員。
  • 商社に勤務中、アロマセラピーの健康への影響力に魅せられ2006年にアロマセラピースクールに入学。5年にわたり、アロマセラピーを学び、2010年に独立。スパ等でのセラピストとしての活動を経て、2014年にアロマセラピールームbotanをオープン。
  • お椀や丸盆を作るためのロクロを用いた「挽物」という技術を学生時代に学び、木製日用食器の制作を始める。インテリアの商社に就職するも、一念発起して、福岡の木工技術訓練校に入学。その後、大分の挽物の工房にて修行し、2015年に下関にてムクロジ木器を創業。
  • 20歳のころ、お洒落をしたくても革製品はどこのブランドも高価で、当時の若者には買えず、そのきっかけから「つくる」ことを覚える。革の魅力を知り、独学で技法を学んで、2009年にシンプルでどこか遊び心のあるオリジナルの革小物を販売する小さなお店「one」をオープン。
  • サビエル教会の麓に位置する、教会の鐘が鳴り響くベーカリーレストラン 「サビエルカンパーナ」。姉妹都市のスペイン・ナバラ州にちなんだパンや地元食材をふんだんに使用したパンなどオリジナリティあふれるパン作りを行っている。
  • 新婚旅行で訪れたパリでコンフィチュール専門店に出会い、日本にもこんなジャムがあれば!との想いで2003年に開業。地域の人・四季折々の地元の産物を生かしたジャムづくりは、県内はもちろん全国から注目を浴びている。年間160種類以上のジャムを生産。
  • 10代の時にアメリカ人の作るブラウニーに感銘を受け渡米。帰国後ル・ボルデールのシェフに師事したのち、パリ・リッツエスコフィエに製菓留学。2003年静岡にてお店をオープン。2014年山口へ移転し焼き菓子とオーガニック用品の店「ユーカリとタイヨウ」を始める。現在、全国各地でお菓子の販売・通販を行う。

匠が技を伝授!ワークショップ

毎年大好評の匠の指導のもとに行うワークショップも開催します。自ら仕上げたぬくもりのある逸品をぜひ。

かばん|宇都宮テント商会

オリジナルエコバックをつくろう!

  • 9/17.18.19
  • 2,000円
  • 各日限定10名

木のおもちゃ|重田木型/重田秀徳

木のおもちゃ作り

  • 9/17.18.19
  • 1,080円

アロマセラピー|botan/こうのみき

アロマで楽しむ暮らし
エアーフレッシュナー・香水・ボディパウダーなど

  • 9/16〜19
  • 1,200円から

メガネ|ポテトめガネ/山本真一路

メガネのかけらでアクセサリー作り

  • 9/17.18
  • 3,500円
  • 最大参加人数5名