放送番組審議会は、放送のもつ公共的使命、放送番組の適正を審査し、番組向上を図ろうという機関です。
yabの放送番組審議会は、県内在住の9名の皆さんで構成され8月と12月をのぞき、毎月1回の定例会として行われています。

委員長
福田百合子 (中原中也記念館名誉館長、山口県立大学名誉教授)
副委員長
佐藤國憲 (防府商工会議所顧問)
委員
矢野道代(矢野健康体操研究会会長)
庫本 正(秋吉台科学博物館名誉館長)
吉本秀子(山口県立大学国際文化学部 准教授)
岩崎靖雄(岩崎クリニック院長・医療法人孝仁会理事長)

第177回 放送番組審議会

開催年月日 2011年04月26日(火)
開催場所 山口朝日放送本社 役員会議室
出席委員名 福田百合子委員長、佐藤國憲副委員長、矢野道代委員、庫本正委員、吉本秀子委員、岩崎靖雄委員
会社側出席者 代表取締役社長増田信二、常務取締役井出泰成、常務取締役報道制作局長永田時彦、
取締役総務局長(番審事務局長) 鴫原正法、編成局長 赤穴泰博、編成部長 藤本郷史、
総務局次長神保和之
概要

課題番組である『モーニングバード』(月~金 8:00~9:55放送)について審議が行われ、おおむね次のような意見が出されました。

  • 朝のさわやかな感じをうまくつかんでいると思うので、試行錯誤を恐れず、前に進んでほしい。
  • 今後視聴者の反応が加わってくると、さらに多彩で、落ち着きのある番組になりそう。
  • 好印象のキャスター2人(羽鳥慎一、赤江珠緒)を揃えたと思うが、単なる「感じのよさ」という方向ではなく、自らの意見もどんどん出すようにしてほしい。
  • 日替わりのコメンテーターは絞り込んだ方がよい。厳選された人の特徴のあるコメントが聞きたい。専門分野やキャラクターのバランスで、柔軟な人数にした方が厚みが出る。
  • 国内で起きた出来事を海外のメディアはどのように報道しているのかを「逆輸入」してもらいたい。
  • スタジオのバーチャルセットに違和感がある。

次回の開催日は2011年5月31日です。