放送番組審議会は、放送のもつ公共的使命、放送番組の適正を審査し、番組向上を図ろうという機関です。
yabの放送番組審議会は、県内在住の8名の皆さんで構成され8月と12月をのぞき、毎月1回の定例会として行われています。

委員長
福田百合子 (中原中也記念館名誉館長、山口県立大学名誉教授)
副委員長
佐藤國憲 (防府商工会議所顧問)
委員
藤田敏彦(富士商株式会社 会長)
矢野道代(矢野健康体操研究会会長)
庫本 正(秋吉台科学博物館名誉館長)
吉本秀子(山口県立大学国際文化学部 准教授)
稲井良介(朝日新聞山口総局長)
西生公一(山口県総合企画部次長)

第211回 放送番組審議会

開催年月日 2014年09月30日(火)
開催場所 山口朝日放送本社 役員会議室
出席委員名 福田百合子委員長、佐藤國憲副委員長、藤田敏彦委員、矢野道代委員、
吉本秀子委員、稲井良介委員
会社側出席者 代表取締役社長 渡辺興二郎、常務取締役編成局長 岡田伸之、
取締役技術局長 鴫原正法、取締役総務局長 藤井政之、
取締役報道制作局長 芳沢重雄、常勤監査役 藤井英昭、編成業務部長 河井洋佑、
番組審議会事務局長 数井英司
概要

① y a b 番組基準一部改正に伴う諮問ならびに答申、および、課題番組である②「グッド!モーニング」について審議が行われました。

① y a b 番組基準一部改正に伴う諮問ならびに答申について

  • 視聴者は、テレビで宣伝されるものは信用を得られていると思い込んでしまうので、これからも社内基準に従ってきちんとやってもらいたいと思う。
  • 条文を見ると、細かいところにまで目を通して改正されている。しっかり目が通されていることがよく分かり、たいへん結構だと思う。
  • 電通のデータなどを見ても、広告収入の分布は最近5年ぐらいで大きく変わっている。社会的責任を果たすためにも、こういった検討・見直しは必要だと思う。
  • 広告の取り扱いに関して、「結婚相手紹介サービス業の広告」は、これまで長年にわたり取り扱わないと決めてきた理由もあるわけだから、広告は他のものに比べて、より慎重な扱いをしてほしいと思う。

といった意見が出されたあと、番組基準改正の諮問事項については、「妥当」との答申がなされた。

②「グッド!モーニング」について

  • 番組内で同じニュースが何度か繰り返されているが、その都度新しい要素を盛り込み、視聴者を飽きさせない工夫が随所に凝らされていたことに感心した。
  • 全体にとても真面目な感じで、基本に沿った番組作りをしていることに好感をもった。男性アナウンサーがエステのモデルになっていたことを、たいへん新鮮に思った。
  • コメンテーターは一度だけテロップで紹介される形になっているが、番組の中でもう一回ぐらい紹介があってもいいのではないかと思う。
  • 「新聞チェック」のコーナーで、テレビ朝日は他局よりも記事の説明に、映像が多く使われていて、ただ棒読みするよりも分かりやすく、たいへんよいと思う。
  • 朝、学校へ行く前の小中学生たちも見ている時間帯なので、「行ってらっしゃい」と送り出してくれるような、15分ぐらいの朝ドラを番組の途中にいれてはどうか。
  • 「新聞チェック」で、出典を明らかにしているのはよいが、新聞記事の内容が真実なのかどうか、テレビ局はそれをどう検証するのか、その責任はどうなっているのだろうか。
  • 依田気象予報士の天気解説の素晴らしさは、他局と比べ群を抜いている。最近、異常気象による災害が多いが、依田さんの天気に関する知識が非常に役に立つと思う。

次回開催日は2014年10月28日です。