放送番組審議会は、放送のもつ公共的使命、放送番組の適正を審査し、番組向上を図ろうという機関です。
yabの放送番組審議会は、県内在住の9名の皆さんで構成され8月と12月をのぞき、毎月1回の定例会として行われています。

委員長
福田百合子 (中原中也記念館名誉館長、山口県立大学名誉教授)
副委員長
佐藤國憲 (防府商工会議所顧問)
委員
藤田敏彦(富士商株式会社 会長)
矢野道代(矢野健康体操研究会会長)
吉本秀子(山口県立大学国際文化学部 准教授)
樫村伸哉(朝日新聞山口総局長)
酒田義矢(ユーピーアール株式会社 社長)
黒神直大(遠石八幡宮宮司、周南市体育協会会長)
福田浩治(山口県総合企画部次長)

第240回 放送番組審議会

開催年月日 2017年07月25日(火)
開催場所 山口朝日放送本社 役員会議室
出席委員名 福田百合子委員長
佐藤國憲副委員長
矢野道代委員
吉本秀子委員
黒神直大委員
樫村伸哉委員
福田浩治委員
会社側出席者 代表取締役社長 天野尚彦
取締役編成・業務、技術担当 技術局長 芳沢重雄
取締役報道制作局長 小川容
取締役営業局長 尾﨑薫
取締役報道制作局長 諸岡亨
取締役経営企画担当 関口文規
編成業務部長 渡辺正樹
番組審議会事務局長 赤穴泰博
概要

課題審議として「テレビは何故つまらなくなったのか ~メディアとしての存在価値を問い直す~」について審議を行いました。

 

・新聞やネットと違って、テレビでは、対談とか今の話題について、いろんな考え方の人に集まって話をしてもらうとか、深く掘り下げた話題をやってもらえば、「これを見逃すともったいないな」と感じてもらえるのではないかと思う。

・視聴率のことがよく話題になるが、いま実際は録画して見る人が非常に多い時代なので、テレビ番組の評価を単に視聴率だけでしてよいものかどうか、改めて考えてみる必要があるのではないかと思う。

・ローカル局としては、山口県の話題だけでなく、もっと広く中四国などとの連携があってもよいのではないか。たとえば、日帰り旅行に出かける人にとって有益な話題など、ローカル局同士のネットワーク番組が増えてもいいのではないかと思う。

・新聞はテレビに抜かれて第二のメディアになって久しいが、やはり新聞のほうが信頼できるという新聞の役割がある。そのように今まで新聞が担ってきた信頼という部分を、今度はテレビが第二のメディアとして、担っていくべきではないかと思う。

・ローカル局の基本的なこととして、県政と市政についてきちんと報道してほしい。県議会議員選や県知事選の投票率が非常に悪いのも、そもそも県政というのがあまり報じられない、面白く報じられない、というのが理由の一つにあると思う。

・「インターローカル」という言葉があるが、ローカルとローカルを結んで何かできないか。岩国基地の問題で、厚木にも取材に行って、厚木と比べるというyabのニュースを見たことがあるが、そのようなインターローカルな地域間の取材の支えがないと、まったく見えてこない問題もある。そのあたりを地道に、面白くやっていくのは、地域に根差した放送局しかないと思う。

・いまスマホを片手にテレビを見るような人もいる時代で、テレビとインターネットは競合するのか、融合するのか分からないが、今後いろんな使い方が展開されていくのではないかと思う。

・「県の情報を何で知るか」という世論調査によると、第1位はテレビ報道で約70%、第2位が県の広報誌で約50%であった。この結果を見ても、ローカル局の報道番組の優位性というのは、引き続き残っているのではないかと思う。

・趣味や娯楽の分野では、インターネットからの情報収集が伸びているのは事実だが、報道の分野に関しては、テレビ放送は、インターネットに比べて、いろんなフィルターが掛かっていて信頼性がある、という点で優位性があると思う。

・新聞社もデジタル媒体の記事のページヴュー獲得に努力しているが、テレビ局も、YouTubeなどを利用して、県内の視聴者だけではなく、県外にも情報を発信する努力を、より一層すべきではないかと思う。

・この春、東京、大阪、名古屋の民放15社が、ニュースの動画配信会社を共同出資して設立したが、これから民放もどんどん動画を配信していくことになると、地方局も影響を受ける可能性は十分ある。それを乗り越えるには、やはり良質の番組を作っていくことしかないと思う。

・KRYが「ふたりの桃源郷」という、25年間にわたって取材したドキュメンタリー番組を再編集し、すばらしい映画にしてヒットさせた。地方局はこれからそういう挑戦も必要ではないか。そして広く世界に伝えるためには、ネットをうまく使った番組作りが必要ではないかと思う。

・日常の中にテレビがあることで、安心と安らぎを感じるような人も大勢いると思う。たとえば、病院に入院している人たちにとって、日頃見慣れたテレビの映像や音には、つらい気持ちを慰めてくれるものがあると思う。

・番組の制作者が、どれだけ面白がって番組を作っているか、それがいちばん重要だと思う。作らなくてはいけないから作るのではなく、作りたいから作る。その基本がブレなければ、あとは自由に番組を作っていいと思う。

・人、物、すべてのことについて、地域の中の本物を探す努力をしてほしい。それが本物であれば、どの切口から番組を作っても、伝えるべきものは、きちんと伝わると思う。それがまたキー局との絆にもなると思う。

・キー局に言いたいこと、望むこととしては、主要株主の新聞社からのコメンテーターは起用しないでほしい。テレビのニュースの解説で新聞社の視点からのコメントは辟易する。第三者的なコメンテーターを起用すべき。

・地域のメディアとしてのテレビは、地域の情報発信基地となるべき。よって地域のニュースや情報、地域密着のドキュメンタリーなど、キー局にはできない番組を制作するべきだと思う。

・ローカル局のコンテンツ力・情報発信力を強化するには、やはり自主制作の番組を数多く作るしかないと思う。そのためには制作費がかかるが、番組ごとの特定のスポンサーを募るのではなく、yab自主制作番組の制作に賛同するスポンサー会員を幅広く募集し、会員制(例:法人1口10万円、個人1口1万円)で資金を集めることで、自由な番組作りができると思う。

・どのようなコンテンツが必要とされるのか、ということについては、ローカルニュース、ローカル番組ということが言えるのではないか。

・地域メディアとしてのテレビのあり方については、地域密着、原点復帰ということが必要だと思う。

・地方公共団体や民間組織、団体、企業、個人が任意に参加する、「県内ニュース報道制作強化支援団体」みたいなものを作れないか。そしてボランティアの地方特派員制度というのを作って、ローカルニュースの発掘から取材、提供まで、局の担当の人ではなく、県民挙げて、そういうことをしていったら面白いのではないかと思う。

という意見もあった。

 

次回開催日は、2017年9月26日です。