放送番組審議会は、放送のもつ公共的使命、放送番組の適正を審査し、番組向上を図ろうという機関です。
yabの放送番組審議会は、県内在住の9名の皆さんで構成され8月と12月をのぞき、毎月1回の定例会として行われています。

委員長
福田百合子 (中原中也記念館名誉館長、山口県立大学名誉教授)
副委員長
佐藤國憲 (防府商工会議所顧問)
委員
藤田敏彦(富士商株式会社 会長)
矢野道代(矢野健康体操研究会会長)
庫本 正(秋吉台科学博物館名誉館長)
吉本秀子(山口県立大学国際文化学部 准教授)
岩崎靖雄(岩崎クリニック院長・医療法人孝仁会理事長)
神谷裕司(朝日新聞山口総局長)
宮地 理(山口県総合政策部次長)

第190回 放送番組審議会

開催年月日 2012年07月31日(火)
開催場所 山口朝日放送本社 役員会議室
出席委員名 福田百合子委員長、佐藤國憲副委員長、矢野道代委員、庫本正委員、神谷裕司委員
会社側出席者 常務取締役報道制作局長 永田時彦、取締役総務局長 鴫原正法、
営業局長 藤井政之、編成業務部長 藤本郷史、報道制作部主任 大田幸人、
報道制作部主任 鳥井福雄、番審事務局長 平井隆光
概要

課題番組である「2012年高校野球山口大会」について審議が行われ、おおむね次のような意見が出されました。

  • yabの大会中継は、19年間の年月を経て、様々な積み重ねがされてきた結果、夏の高校野球とyabが、しっかりと結びついた印象がしている。
  • 「Jチャンやまぐち」での当日の試合の紹介は、見どころが上手に編集されていてゲームの面白さが良く出ていたと感じる。
  • 途中で中継が終わった準々決勝第4試合を、急遽、「Jチャンやまぐち」の中で実況したことは、試合最後の盛り上がりの場面であったため、大変良かったと感じる。
  • ゲスト解説の長尾先生は、解説者として大変適格、との印象を受けた。
  • 「Jチャンやまぐち」でのシード校紹介は、面白い着眼点があったが、賛否が分かれるところではないかと思う。
  • アナウンサーと解説者が、打者・投手・監督の情報、学校の野球に係わる歴史などについて、それぞれ情報の引き出しを持ち、対話の中でタイミング良くそれを提供し合うと、よりゲームが面白くなるのではないか。
  • 話題性のある選手を発掘し、夕方のローカルニュースで事前に紹介すれば、視聴者はその選手やチームを応援しようという気になり、視聴率も上がるのではないか。
  • 冨田さんの今回初めての実況は、井川さんや他の方々に比べて、レベルの差が歴然とあるような気がするが、元気があり前向きなところが非常に良いと感じた。
  • 濱田さんは野球に詳しく大変元気で良かった。今後の課題として、野球はデータのスポーツなので、表面上では見えないデータをどこでどう入れていくのか、そのようなところにまで分け入った実況をしてもらいたい、と感じた。
  • スポーツ放送の魅力は、予想される映像と語りではなくて、説明の要らない映像だと思う。是非頑張ってそういう瞬間の映像を撮ってもらいたいと思う。

次回開催日は2012年9月25日です。(8月は休会)