10月28日のどき生てれびBroadcast

高木シェフ考案 サバいたサバは メキシコ風!

今回は、山口市湯田温泉にある 菜のはな オーナーシェフ高木正人さんが考案した、サバ料理を紹介。

料理名:サバいたサバは メキシコ風!(調理時間20分)【4人分】

◆材料

サバの切り身 4切れ
りんご     2分の1個
タマネギ    2分の1個
大正金時(煮豆)   100g
にんにく       一片
カレー粉       適宜
塩          適宜
ふるった小麦粉    適宜
オリーブオイル   適宜
大正金時(煮豆)  100g
トマトの水煮   150g
タバスコ     適宜

【A】
赤ワイン   100cc
水       100cc
ローズマリー  少々

◆作り方
(1)サバの骨をとる。
(2)サバの両面に、塩をかける→10分程度おく。
(3)タマネギ・りんごを、さいの目状に切る。 にんにくは、みじん切りにする。
(4)フライパンにオリーブオイルをひき、タマネギ・りんご・にんにくの順に 強火で炒める  軽く塩をかける。
(5)サバの水分をとり、カレー粉をかける。その後に、小麦粉をまぶす
(6)フライパンにオリーブオイルをひき、サバを両面焼き(中火)【A】(赤ワイン・水・ローズマリーの順番に)加える。
その後に、(4)・大正金時(煮豆)・トマトの水煮を加える。
(7)(6)がトロッ(中火・およそ5分)とするくらいに煮詰まったら
塩・タバスコを加える→完成

【協力店舗】 菜のはな
■住所:山口市湯田温泉3-3-4
■電話:083-922-1312