2017年11月6日 #134 6次産業化・農商工連携の取り組みで山口県を元気に!Broadcast

#134 6次産業化・農商工連携の取り組みで山口県を元気に!

皆さんは「6次産業化・農商工連携」という言葉をご存じでしょうか?
農業・林業・漁業などに携わる方の所得向上や、地域の雇用創出などを図ろうと、県内でも取り組みが広がっています。
今回はその「6次産業化・農商工連携」について、ご紹介します。

山口市で開かれたのは「やまぐち6次産業化・農商工連携推進大会」です。
農林漁業者、商工業者、バイヤーが一堂に会する交流会で、会場には各事業者の皆さんが開発・試作中の商品が並んでいます。

農林漁業に携わる方が、1次産業の「生産」だけでなく、2次産業の「加工」、さらに3次産業の「流通・販売」まで一体的に取り組むことを「6次産業化」といいます。
また、農林漁業者と商工業者が、連携して新しい商品を生み出す取り組みを「農商工連携」といいます。
県では元気な農林水産業の育成に向け、これらの取り組みを推進しています。
取り組みによって新たに開発された商品『山口グッと産品』は、県内の道の駅で開催するフェアや、首都圏での販売会・商談会などで広くPRしています。
また、専門知識の習得やビジネスプランの作成を行う、人材育成研修を実施しています。

県では事業者の皆さんを支援するため、サポートセンターを開設しています。
6次産業化・農商工連携に取り組もうとお考えの皆さんはご相談ください。