10月25日のJチャンやまぐちBroadcast

道の駅へ行こう 道の駅 みとう(1)

県内の道の駅を巡る「道の駅へ行こう」。
2駅目になる今回は、美祢市美東町にある道の駅みとうへ行って来ました。

道の駅みとうは、今年20周年を迎えた駅。
お店に入る前から、看板など賑やかな味のある字が躍っています。

敷地内には、特産みとうごぼうをあしらった滑り台や、地元で産出された銅が奈良・東大寺の大仏建立のために献上されたことを伝えるモニュメント、また河川公園もあってのどかな時間が流れています。

早速、お店の中に入ると、カジュアルな雰囲気の金田駅長が迎えてくれました。
金田駅長さんは、「他の駅にはない、印象的な駅にしていきたい」とあえて駅長色を色濃く打ち出した店内づくりをしています。
そのため、商品の陳列の中に趣味のフィギュアや、昭和レトロな置き物、本が読めたり、音楽が聴ける休憩コーナーがあったりと何だかほっこり。

その中でも、最もほっこりさせてくれるのが、「山口弁紙袋」(200円)。

「おかしゅうてならん」「いぶしこぶし」「やれんでね」と生活の中で何気なく使われる山口弁が、駅長さん直筆で書いてあるんです。
これを見て県内外のお客さんと話が盛りあがったりすることも多いのだとか。
書いてもらいたい文字のリクエストも出来るということで、駅長さんの好きな言葉を書いてもらうと、「あるきよったらぜったいつくけえ」。
「辛いことがあっても、頑張って前に進もう」と前向きになれる素敵な言葉でした。

そして、恒例の道の駅グルメ。
今回は、美東ごぼうを使ったコロッケ定食(980円)を頂きました。

コロッケと言えども、ごぼうの風味の良さとシャキシャキした歯ごたえは健在。
旬を迎える美東ごぼうの味を、一口頬張ってみてください。

★道のえき みとう
■住所:美祢市美東町大田近光5480-1
■電話:08396-2-2500
■営業時間:8時〜18時 (レストランは11時〜18時 ラストオーダー17時)
■定休日:年中無休 (レストランは不定休)