賢者の道しるべ

山口出身の”賢者”がテレビ初対談!!

賢者画像

ビジネス漫画の最高峰「島耕作」の作者・弘兼憲史と急伸するグローバル企業「ファーストリテイリング」のリーダー・柳井正。
ともに山口出身で早稲田大学卒業という共通点のある二人。
テレビでの対談は初。
地元・山口県の放送局であるyabだからこそ、実現した豪華対談!

taidan

現在68歳の弘兼憲史と67歳の柳井正。
年齢も近く同じ時代を生きたといえる二人の賢者の「人生観」とは?
そして彼らが見据える日本経済の未来とは・・・。

対談の様子3

時には貴重な素顔をのぞかせながら、それぞれの経営論を織り交ぜ、熱く語り合います。

賢者が交わす仕事論・経営論とは。それぞれの仕事場に潜入。
ヒロカネプロダクション

好きな女性のタイプは?同世代の二人だからこそできる「素顔」のトーク。

故郷・山口について、そして日本の在り方とは?賢者が指し示す未来とは・・・。

【出演者プロフィール】

弘兼憲史(岩国市出身 68歳)
高水高校、早稲田大学法学部を卒業。1970年に松下電器産業に入社。しかし、夢だった漫画家を目指し3年後に退社。1983年に『課長島耕作』の連載を開始。サラリーマン島耕作の活躍を通して、日本経済の動向、大企業間の競争などを描き大ヒット。

柳井正(宇部市出身 67歳)
宇部高校、早稲田大学政治経済学部を卒業。ジャスコに入社。退職後、実家の小郡商事を継ぎ、1984年にユニクロ第1号店をオープン。1991年に社名をファーストリテイリングに変更。2001年より海外展開を開始する。現在、同社代表取締役会長兼社長。