高校野球山口大会 ベスト8出そろう

高校野球山口大会は3回戦8試合が行われ、ベスト8が出そろいました。

宇部 ユーピーアールスタジアムの第一試合は宇部鴻城と山口県鴻城の兄弟校対決。
2回、宇部鴻城は2アウト満塁のチャンスでワイルドピッチの間にランナーが帰り先制。
さらに9番楢木のタイムリーなどでこの回5点を挙げます。
宇部鴻城は3回にも1点を追加。
反撃したい山口県鴻城はその裏、2アウト2塁のチャンスに2番山﨑。
センター前に運ぶタイムリーヒットで1点を返します。
しかし宇部鴻城が9回にも1点を追加。
最後は7回から登板した百留が抑え、宇部鴻城がベスト8に駒を進めました。

第二試合の宇部商業対萩商工は激しい点の取り合いとなりました。
萩商工は1回、1アウト2塁から3番末永のレフト前ヒットで1点を先制。
そのウラ、宇部商業は前の試合もホームランを打っている5番丸尾。
3ランホームランで逆転します。
その後も得点を重ねる宇部商に対し萩商工も2点を返し、4点差を追う5回。
1点取ってさらに2アウト満塁から5番末益。
強い打球はランナーと交錯しショートのエラーを誘います。
1点差に詰め寄られた宇部商は7回2アウト3塁2塁から9番小南。
エースの一振りで2人が帰り、再び3点差に引き離します。

追いつきたい萩商工ですが9回最後のバッターはセカンドゴロ。
宇部商業がベスト8進出を決めました。

そのほかの試合結果です。
オーヴィジョンスタジアム下関では下関国際と豊浦が、
津田恒実メモリアルスタジアムでは徳山商工と高川がベスト8進出です。
ビジコム柳井スタジアムでは、熊毛南と岩国商業が勝ち上がりました。
24日から西京スタジアムで準々決勝が始まり、決勝は28日の予定です。

夏休み 自由研究の教室

きょうから夏休みです。
自由研究の進め方をアドバイスする教室が山口市の県立博物館で開かれました。

参加した小学生26人は牛乳瓶で「採集スコープ」を作りました。
「採集スコープ」は虫など小さなものを拡大して観察できます。

この教室は 子供たちを悩ませる自由研究の参考にしてもらうと 県立山口博物館が開きました。

博物館の講師によりますと 結果の分かりきっている実験は不向きで
実験の時の変化や失敗を書き留めておけば新しい発見につながるということです。

あすから夏休み 小中学校で終業式 

きょうで1学期が終わりあすから夏休みです。
県内のほとんどの小中学校で終業式が行われました。

このうち山口市の湯田小学校では
児童代表が1学期に頑張ったことを発表しました。

式の中で西本 隆校長が
先日亡くなった山口市出身の医師・日野原 重明さんが
来校した時のことを述べ
「自分のいのちを大切にして楽しい夏休みを過ごしてください」
と話していました。

式のあと児童たちは1学期を過ごした校舎を
丁寧に掃除しました。

5年生の児童は
「泳げるように頑張ったので夏休みは海に行って泳いでみたい」
と話していました。

2学期は9月1日からで
きょうから40日あまりの夏休みが始まります。

交番内で現金を盗んだ警察官を処分

今年5月、萩市の交番で現金を盗んだとして
山口県警は20代の男性巡査長を停職3カ月の懲戒処分としました。

懲戒処分を受けたのは萩市の江崎幹部交番に勤務する20代の男性巡査長です。

県警によりますと
巡査長は今年5月交通安全協会が交番に保管していた収入印紙の売上金から
現金3万円を盗んだということです。
協会から先月被害の申し出があり、県警はきょう巡査長を停職3カ月の懲戒処分とし
窃盗容疑で山口地検に書類送致しました。

巡査長は「パチンコにあてるためにやった」と認め、
19日に依願退職したということです。

長門市 水産加工会社で火災

きょう午後 長門市の水産加工場で火災が起き 従業員5人が喉に火傷を負いました。

火災があったのは 長門市東深川の水産加工会社「大留蒲鉾」です。
警察や消防によりますと 火事は午後1時半ごろ起き 2時間後に鎮火しました。
煙を吸うなどした従業員6人が病院に搬送され 5人が喉を火傷しましたが
命に別状はないということです。

天ぷらをつくる辺りから出火したと見られていて 警察と消防が原因を調べています。