山口・F35B緊急着陸…原因は?県と岩国市は情報提供求める

ここからはアメリカ軍岩国基地について。岩国基地所属の戦闘機・F35Bが、きのう福岡県の自衛隊基地に緊急着陸しました。県は原因について情報提供を求めています。
きょうの岩国基地です。緊急着陸の翌日ですが、F35Bは通常通り飛行訓練を行ったということです。
防衛省によりますと、きのう午前11時ごろ、最新鋭ステルス戦闘機F35B 1機が福岡県にある航空自衛隊築城基地に緊急着陸しました。けが人や施設の損害はなかったということです。緊急着陸についてアメリカ軍は、「メンテナンスの問題が生じたため」と説明しています。
F35Bが岩国基地に来たのは、去年1月。アメリカ国外で初となる配備でした。
県への連絡は午後3時ごろにありました。
★村岡知事会見「“緊急”着陸と報道されているが、中四国防衛局から聞いているのは『着陸した』ということだけを聞いている。もし何らかのトラブルとか事故の心配があれば、それはしっかりと改めて安全対策とかそういったことは徹底してもらわなければいけないと思います」
県は「原因などが不明」として、国を通じて情報提供を求めています。
★福田岩国市長会見「機体そのものに目立った傷や損傷は無く、けが人も無いということと着陸後は自力で格納庫周辺まで自走したという情報が入っている」
岩国市も県と同じように、当時の状況など情報収集にあたるとしています。

山口・アジアからセンザキッチン視察

感触はどうだったのでしょうか。長門市にグランドオープンしたばかりの「道の駅センザキッチン」に外国人の団体がやってきました。その目的は?
直売所で興味深そうに商品を見る人たち。台湾の旅行会社のスタッフです。これは外国人観光客の誘致を進める県のインバウンド推進室などが企画したもので、台湾や香港、タイなどから合わせて42名に県内観光地を見てもらい、ホテルやレストランと直接、商談を行います。
県は4日前にグランドオープンした「道の駅センザキッチン」を各社のツアーに入れてもらうことで新しい山口の魅力を発信したい狙いがあります。
きょうセンザキッチンを訪れたのは台湾の旅行会社です。直売所で購入した食材でバーベキューを体験しました。
☆台湾の旅行会社チン・イーシンさんの話「食材もいろいろで海鮮も新鮮だと思います。面白いところです」「みんな海鮮が好きだし自分で焼くのが面白いです」
チンさんによりますと「自分で焼く」ことが台湾の人に好感を得られるのではないかということでした。
各国のスタッフは元乃隅稲成神社など県内外の観光名所を回りつつ26日に湯田温泉で県内のホテルやレストランと商談会をする予定です。

山口独自の野菜を活用 「はなっこりー天」できました

山口ならではの話題です。県オリジナルの野菜「はなっこりー」の消費拡大を目指して、練り製品ができました。

こちらが完成した「長門はなっこりー天」です。
エソなどのすり身に長門市で栽培した「はなっこりー」を合わせました。

試食した記者は
「はなっこりーのうま味と甘味が良く感じられ、食感もしっかりあっておいしい」
と感想を話しました。

販売初日のきょう、山口市のスーパーで、商品開発した加工会社がPRをしました。

買い物客は
「幼稚園のお弁当が始まったのでそれに入れたいと思った。子どもも食べやすいかなと思う。」
「特産品なので応援しています。」と話しました。

「はなっこりー」は県が開発したオリジナル野菜です。
出荷前のサイズ調整で切った部分だけを使っていて、資源の有効活用にも一役買っています。

「長門はなっこりー天」は、県内のスーパー、アルク全店で販売されています。

山口・公共交通に理解を「やまぐちバス博」

バスを身近に感じてもらおうと下関市で「やまぐちバス博」がありました。
会場には大型バスがズラリ。やまぐちバス博は山口県バス協会などが主催しました。
クイズラリーでは県内を走る6社のバスの車体に貼ってある問題を探して解いていきます。参加者はバスの運転席に乗ったりしながらクイズを楽しんでいました。
バスの乗りかた教室では乗車時のマナーやバスカードの使い方などが紹介されました。
☆参加者へのインタビュー「正直(バスに)乗る機会がないので、自分も忘れていたことがありましたのでよかったなと思います」
そのほか大型バスとの綱引きも行われ会場は多くの家族連れで賑わいました。

手工芸品の展示即売会

陶芸や木工など、手工芸品の展示即売会が山口市内で始まりました。

「山口アーツ&クラフツ」は、デザインや機能性が優れた手工芸品の魅力を広めることを目的に始まり、
今年で12回目となる工芸品の展示即売会です。

山口市の維新公園には、朝から多くのお客さんが集まり、
全国各地から集まった140人の作家たち自慢の作品に触れながら、会話を楽しんでいました。

【木工作家/フジタマリさん】
「“わあ素敵だ”とか、すごいキラキラした目で作品を見て下さることが
私のこの作品作りの糧になるといつも思って、こういうイベントは楽しみにしています。」

会場では木製の楽器を手作りするワークショップも行われました。

「山口アーツ&クラフツ」は、22日まで開催されています。