やまぐちユニバーサルデザイン大賞 表彰

高齢者や障害者など誰にでも利用しやすい製品などの設計
ユニバーサルデザインを普及するためのアイデアが募集され
優秀作品が表彰されました。

今回で9回目を迎える
「やまぐちユニバーサルデザイン大賞」。

299点の応募の中から大賞や優秀賞を受賞した
4人が表彰されました。

大賞は西市高校3年の矢野結菜さんが
体が不自由な祖母のために考えた「オートつめ切りくん」。

指にはめるだけで爪を自動で切ってくれるというものです。

受賞を受け矢野さんは
「オートつめ切りくんが実現すれば
これからの生活にも役立ってくれると思う。」
話しました。

受賞したアイデアはやまぐち産業振興財団に提供され
製品化の可能性もあるということです。