ナベヅル 鹿児島県から周南市八代盆地に移送

本州唯一のナベヅルの越冬地 周南市八代盆地に鹿児島県で保護したナベヅルが移送されました。

移送されたのは 鹿児島県出水平野でケガや衰弱のため保護された3羽のナベヅルです。
保護センター内に放たれると 羽を広げたり水を飲んだりと元気な姿を見せていました。

この取り組みは 八代盆地へのツルの飛来数を増やすためのもので
八代で越冬したツルは 次のシーズンにシベリアから仲間を連れて来ることが期待されています。

去年移送されてきた3羽と合わせ センターで飼育しているツルはこれで6羽です。