ベトナムの子供たちが山口市の小学校を訪問

日本の文化に触れようとベトナムの子供たちが
山口市を訪れています。

子供たちは山口市の小学校を訪れゲームや歌を通じて交流を深めました。

山口市の平川小学校を訪問したのは
ベトナムで日本語の勉強をしている「ハノイキッズクラブ」の子供たちです。

訪問した子どもの1人、カンさんは以前、
家族が山口大学に留学した際に一緒に山口市に住んでいました。

おととしベトナムに帰国しましたが
カンさんが日本の勉強を続けられるようキッズクラブができました。

クラブでは山口市のボランティア団体が
インターネットを通じて子供たちと交流をしていて
その縁もあり今回山口県を訪れました。

子供たちはベトナムについて知ってもらおうと民族楽器を演奏。
児童たちはお返しにリコーダーを披露しました。
このあとのじゃんけんゲームではすぐに打ち解け
子供たちは大盛り上がりでした。

子供たちはあすは市内で和紙づくりやそばうちを体験する予定です。