レノファ 県内全自治体に「ホームタウン」申請

J2を戦うレノファの応援団についても着々と整備が進んでいます。

チームを応援する自治体「ホームタウン」について
レノファ山口はきょう
県内最後の要請先長門市を訪問しました。

レノファの河村社長の申し出に対し、
長門市の大西市長は「喜んでお受けする」と話し
受け取ったユニフォームに袖を通しました。

ホームタウンとは練習や試合などを通して
レノファを応援する自治体で
これまでに県と7つの市がホームタウンとなっています。

県内全自治体のホームタウン化を目指す
レノファ山口はさらに11自治体に要請活動をしてきました。
きょうの長門市への要請で県内すべての自治体への要請が
終わったことになります。

レノファ山口の河村社長は
「自治体13市6町オール山口県ということで
今シーズン昇格に向けてまい進して参りたいと思います」

ホームタウンは来月21日の
Jリーグ理事会で正式に承認されることになります。

県内全自治体のホームタウン化が決まれば
J1ヴァンフォーレ甲府に続いて2例目となります。