レノファ山口が京都サンガと対戦

明治安田生命J2リーグ、レノファ山口はホームで京都サンガと対戦しました。
3連敗中で順位は下から3番目、20位のレノファ。
ホームで元日本代表・闘莉王がいる京都と対戦です。
前半12分レノファは京都にPKを与えてしまいます。
蹴るのは、闘莉王。しかしここはGK村上がファインセーブ。
勝利を信じホームゲームに駆けつけたサポーターを沸かせます。
しかし、前半21分、課題のセットプレーから京都の高さを活かしたプレーで先制点を許します。

追いつきたいレノファは、後半13分に小塚のコーナーキックからパクチャニョンのヘディングで同点に追いつきました。
闘莉王に競り勝ったディフェンダー・パクがヘディングシュートで同点ゴールを決めます。
追いつかれた京都は元日本代表フォワード大黒を投入し猛攻を仕掛けます。
レノファも再三ゴールに迫るものの得点にはならず・・・
ホームゲームで引き分け、勝ち点1を挙げました。
次節のレノファはアウェイでザスパクサツ群馬と対戦します。