下関市で桜が開花

午前10時ごろ、気象台の職員が
下関市内の標本木のソメイヨシノに
基準値となる5輪ほど花をつけたのを確認すると
「桜5、6輪咲いているので開花の発表でお願いします」
と電話で連絡し、桜の開花が発表されました。

今年は平年よりも2日遅く、去年よりも1日遅い
開花発表となりました。

きのう時点ではつぼみは開いていませんでしたが
気温が上昇したことなどからきょう開花発表に至りました。

花が咲くには冬場に気温が下がることが必要とされますが
今季は秋から冬にかけて気温が高めで
少し遅めの開花となったということです。

気象台の職員は
「今週末に段々開き始めて来週末くらいが一番きれいに
咲いている頃かなと思います」
と話していました。

週末は天気が下り坂になることが予想されてはいますが
県内の各所では桜の便りが届く見込みです。