下関 殺人死体遺棄事件 殺人容疑で男2人を再逮捕

下関市豊北町で先月起きた殺人死体遺棄事件について
警察は死体遺棄の罪で起訴された被告の男2人を きょう殺人の疑いで再逮捕しました。

殺人の疑いで再逮捕されたのは
下関市豊北町の会社員 藤田達彦被告(45)とトラック運転手 住吉辰也被告(46)です。

警察によりますと 藤田被告らは去年11月23日 下関市豊北町の山の中で
知人の門田健一さん(当時41)の首を絞め 殺害した疑いが持たれています。

2人はその後 遺体を市内のアパートに運び 先月18日に市内の別の場所に遺棄したとして
きのう 死体遺棄の罪で起訴されています。

殺人容疑について2人の供述には食い違いがあり
警察は 認否を含め供述内容を明らかにしていません。