九州豪雨で流出 海上の流木を回収

九州豪雨の影響で海に流れ出た流木や漂流ゴミを回収するため
国土交通省の海面清掃船が宇部港を出港しました。

宇部港を出港したのは国交省中国地方整備局の
海面清掃船「おんど2000」です。

おんど2000は主に広島県内で活動していますが
今回向かう先は宇部港沖の周防灘です。

周防灘から関門海峡周辺の航路付近には
九州豪雨の影響で大分県の山国川などから流木が漂流しています。

6日から国交省の清掃船が回収作業にあたっていて
きのうまでに224本の流木が回収されています。
「おんど2000」はあすまで緊急災害対策派遣隊として
九州地方整備局の清掃船とともに周防灘での作業に従事します。