保育園死亡事故で検証委員会

山口市の保育園で幼い女の子が死亡した事故を巡って市は検証委員会を来週開くと発表しました。

2013年に山口市内の認可保育園で藤井利彩ちゃん(当時1歳9カ月)が亡くなった事故を巡って
遺族は死亡原因などについて調査するよう市に求めていました。

これを受け市は14日に検証委員会の初会合を開くことを きょう明らかにしました。

検証委員会設置の決定を受けて 利彩ちゃんの母親の藤井位予さんは
「上辺だけの提言ではなくて 保育事故全部を無くすためにも
再発防止に防止策をしっかりと提言してほしいと思います」と話していました。

検証委員会は今後 遺族と保育園の双方から話を聞いて 死亡原因や再発防止策を探ることにしています。