周南市で保育士就職フェア

全国的に保育士不足が叫ばれる中人材確保を目指します。

保育の現場で働きたい人を応援しようと
周南市で保育士を対象とした就職フェアが開かれました。

フェアは保育士の確保をめざして
周南市とハローワーク徳山が合同で初めて開いたもので
県内外から35人が参加しました。

市内の保育園や託児所をもつ企業などがブースを設け
その場で面接をする機会も用意されました。

午後から参加者たちは市内の保育園を訪れ
実際に保育の現場をみて、仕事への理解を深めました。

きょうは周南市が始めたトライアル制度を利用して
10年ぶりに保育所の臨時職員として復帰した
都志見 真寿美さんも参加者にアドバイスを送りました。

周南市では保育士資格はもっているものの、
勤務経験がなかったり、ブランクがあったりして就職をためらっている
「潜在保育士」の掘り起しを目指しています。
都志見さんは短時間、短期間の勤務によって
少しずつ現場に慣れることができることなど
制度を活用することのメリットを参加者に伝えていました。