宇部 保育園の給食に賞味期限切れの福神漬け

宇部市の保育園で今月出された給食に
賞味期限切れの福神漬けが出されていました。
卸売業者が本来の賞味期限から1年長く期限を印字しなおしていました。

宇部市によりますと
今月10日宇部市の神原保育園で給食に出された
福神漬けの賞味期限が去年6月末で切れていました。

この福神漬けには前の賞味期限の上に「今年7月14日」と
新たに賞味期限が印字しなおされていました。

当日園児と職員あわせて124人が給食を食べましたが
これまでのところ健康被害の報告はないということです。

市は既に警察と保健所に届出をしています。
偽装表示の可能性も視野に調査が進められています。

一方、市の調査に対し卸売業者は
「印字が薄くなっていたので賞味期限が過ぎたものとは気付かなかった」
と話しているということです。