宇部市の強盗未遂事件 容疑者逮捕

1月に宇部市で連続して起きた強盗未遂事件についてです。
警察は別の恐喝未遂事件で逮捕されていた少年ら2人が
事件に関与していたとして逮捕しました。
逮捕されたのは宇部市則貞の自称建築業村上佑輔 容疑者と
宇部市の16歳の少年です。
警察によりますと村上容疑者らは1月25日未明宇部市の路上で、
停車していたタクシーの運転手に包丁をつきつけて金を奪おうとした疑いが
もたれています。
少年は同じ日に恐喝未遂事件で逮捕されていて、
取り調べで強盗未遂事件への関与をほのめかしていたということです。
少年は知人の村上容疑者に指示されて強盗未遂事件の犯行に1人で及んだとみられています。
少年は容疑を認めていますが村上容疑者は「知りません」と容疑を否認しているということです。
この事件の約1時間前には市内で別の強盗未遂事件が起きていて
警察では2人が関与している可能性が高いとみて調べを進めています。