山口・光海軍工廠空襲 野田学園にも慰霊碑建立

終戦直前にあった光海軍工廠への空襲で、山口市の野田学園高校の生徒も犠牲になっていたことが確認され、悲劇を伝える慰霊碑が建立されました。
慰霊碑は、野田学園の同窓会が設置し、遺族のほか、生徒会の代表も参列して除幕式が行われました。

1945年8月14日に起きた光海軍工廠への空襲では学徒動員133人を含む738人が亡くなりました。
犠牲者のなかに、野田学園から動員されていた生徒3人が含まれていることが郷土史家の指摘をきっかけに確認されたということです。
★犠牲者遺族のインタビュー★
「ありがたいことです。(亡くなった姉も)さぞ喜ぶでしょう」
「戦争がないようにね皆さんが仲良くできれば一番いいことだと思います」
野田学園高校では生徒たちに平和の大切さを伝えていきたいとしています。