山口・冬の高速道路を守れ!雪氷作業車の出動式

高速道路の凍結を防ぎ 除雪を行う雪氷作業車の出動式が6日 山口県周南市で行われました。

山陽自動車道 徳山東ICでは NEXCO西日本の職員や県警高速隊の隊員などが集まり作業の安全を祈願しました。

雪氷作業車は 道路が凍らないように凍結防止剤をまいたり 除雪をしたりする車両です。

県警高速隊によりますと 県内の高速道路では昨年度 路面の凍結による事故が25件起きています。NEXCO西日本は「冬の高速道路は路面等に注意しながら 滑りやすくなっているので 車間距離を十分に確保してほしい」と話しています。

NEXCO西日本は 早めの冬用タイヤの装着を呼びかけるともに 24時間体制でパトロールにあたり路面状況の把握に努めたいとしています。