山口・岩国に日米供用の野球場がオープン

アメリカ軍艦載機部隊の岩国移駐に伴う地域振興の一環です。
日本政府がおよそ60億円かけて建設した日米共用の野球場がオープンしました。

竹内研二記者リポ-ト
「オープニングマッチとして日米の高校生が試合を行います。
そしてきょうは施設が一般に開放されていて多くの人が集まり
中にはアメリカ軍の関係者の姿も多く見られます。
日米の市民の関心の高さがうかがえます」

岩国市の愛宕地区に建設された日米共用の野球場キズナスタジアム。
空母艦載機移駐に伴う地域振興策の一環で
日本政府が総事業費およそ60億円をかけて建設したものです。
8000人収容で高校野球の公式戦ができる規格となっています。
観戦した市民は
「すばらしい競技場ができてね、岩国市市民としてはすごく誇りに思っております」
と歓迎していました。
岩国市の福田良彦市長は
「さまざまな交流事業を行っていく事によって
基地との共存、基地を生かしたまちづくりを進めていきたいと
改めて感じたところであります」
と話しました。
一方、同じ地区には艦載機部隊の移駐で増員される
アメリカ将兵用の住宅も造られています