山口・東名高速道路 下関でも

今年6月 神奈川県の東名高速でワゴン車を停車させて事故を引き起こし 夫婦が死亡した事件で
逮捕された男が 1カ月前に下関市で車に妨害行為をしていたことが分かりました。

福岡県の石橋和歩容疑者(25)は今年6月 神奈川県の東名高速で
ワゴン車の前に車を止めて進路をふさぎ 大型トラックとの事故を引き起こし
ワゴン車に乗っていた夫婦を死亡させたなどとして12日 送検されました。

捜査関係者によりますと 石橋容疑者は 5月9日の未明に 下関市豊浦町川棚の国道をゆっくり走行し
追い越そうとした車の進路を妨害して停車させ 運転席のドアを蹴るなどしたとされています。

その5時間後には 追い越そうとした車に自分の車を寄せて接触させたということです。

このほか 前の日の夜には角島大橋付近で車の進路をふさぎ窓をたたくなどしたということです。

石橋容疑者の福岡県の自宅周辺でも被害を訴える声が多くあがっているということです。