山口市で死んだ野鳥から鳥インフルエンザウイルス

山口市内で死んだ野鳥が見つかり、
遺伝子検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出ました。
県によりますと、遺伝子検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出たのは、
「ホシハジロ」という野鳥です。
9日午前、山口市の維新公園周辺で「野鳥が死んでいる」と県に連絡が入りました。
県が回収し遺伝子検査したところ、陽性反応の結果が出ました。
これから行う最終的な検査で陽性が出れば、発生確定となります。
県は周辺の監視を強化するとともに、10日に緊急会議を開いて今後の対応を確認する予定です。