排出水素を電力として活用

周南市の工場で排出される水素を
電力として活用する取り組みが始まりました。

周南市の総合化学メーカー「トクヤマ」が設置した純水素燃料電池。
水素と酸素から電気を作り出すもので二酸化炭素は発生しません。

発電には苛性ソーダを製造する際に発生する水素を利用します。

作られた電気は隣接するスイミングクラブの照明などに使われます。

これまでは工場で発生した水素は大気中に排出されていて、
水素の有効活用につながる今回の取り組みは
環境省の事業の一環となります。

工場で発生した不要な水素の回収・輸送・利用を
一貫して行う取り組みは全国で初めてです。