林義郎元大蔵大臣死去

下関市出身で、大蔵大臣などを歴任した林 義郎元衆議院議員が亡くなりました。
89歳でした。
林 義郎氏は旧通産省を経て1969年に衆院選 旧山口1区で初当選し、
11回連続で当選しました。
中曽根内閣で厚生大臣、宮沢内閣では大蔵大臣を歴任しました。
林氏は2003年に政界を引退していて、
3日午後8時頃、多臓器不全のため東京都内の医療施設で亡くなりました。
喪主は長男の林 芳正参議院議員です。
通夜は4日午後6時から、密葬は5日、午前11時から
東京の築地本願寺で行われます。
本葬は2月19日午前11時から下関市の海峡メッセで行われます。