海自ヘリ MH-53E 28年の任務終える

東日本大震災など数多くの災害で被災地への物資輸送にあたった
海上自衛隊岩国基地所属の掃海輸送ヘリ「MH‐53E」が
28年の任務を終えました。
MH‐53Eの退役記念式典には隊員などおよそ200人が出席しました。
物資輸送と機雷の捜索・除去をおもな任務として海上自衛隊岩国基地のみに
配備されていたMH‐53E。
1989年の配備開始以降東日本大震災など数多くの災害で被災地への物資輸送を行いましたが
機雷除去任務にあたる事はありませんでした。
これまでに配備された11機全てが耐用年数に達しきょうで28年の任務を終えました。
任務は後継機のMCH‐101が引き継ぎます。