石川佳純・吉村真晴ペアが金メダル獲得を報告

先月ドイツで開催された世界卓球の混合ダブルスで
48年ぶりの金メダルを獲得した石川佳純・吉村真晴ペアが
きょう山口市で喜びの報告をしました。

山口市の中心商店街で行われた
「金メダルおめでとう凱旋市民報告会」には
およそ3000人が集まりました。

山口市出身の石川佳純選手と
野田学園高校出身の吉村真晴選手のペアは
先月ドイツで行われた世界卓球の混合ダブルスで
この種目で日本勢48年ぶりの金メダルを獲得しました。

報告会では2人に湯田温泉の年間入浴券や
金メダルにちなんで金粉入りのういろうなどがプレゼントされました。

会場で石川選手は
「自分自身も初めての世界タイトルを取れて嬉しい」
と金メダルの喜びを語りました。

卓球・混合ダブルスは
2020年の東京オリンピックで正式種目となるだけに
2人の今後の活躍が期待されます。