秋芳洞で立志式

普段は入ることのできない美祢市秋芳洞の地底湖で地元の中学生が立志式が行いました。
武士社会の元服にちなみ数えの15歳を祝う立志式を迎えた秋芳中学の2年生、20人。
仲間とに協力し困難を乗り越えて欲しいと式は、秋芳洞の地底湖「琴ヶ淵」で行われます。
目的地までの道は一般には公開されておらずほとんど整備されていません。
角ばった石灰岩だらけの洞くつの中を時には壁を這い、時には膝下まで水に浸かりながら
一歩一歩進んでいきます。
歩くことおよそ1時間30分。ようやく「琴ヶ淵」に辿り着き立志式です。
生徒たちは将来の夢や希望を語り志を立てました。
●男子生徒の決意
「僕は将来バスケットボールプレイヤーになりたいと思っています。
僕は身長が低いので僕がプロになり有名になることによって
日本中の身長が低くてバスケを諦めようとしている子どもたちに希望を与えたいと思います」
●女子生徒インタビュー
「何カ所か危ない所もあってちょっと怖かったけど
ここに来て立志の誓いを言えることできて良かったと思います」
泥だらけになりながら立志式をやり遂げた生徒たちは、
大人への階段を一歩よじ登りました。