艦載機移駐判断に向け 岩国市が住民説明会検討

早ければ7月にも始まるとされる空母艦載機の岩国移駐についてです。

岩国市の福田市長は受け入れ判断の過程で
住民説明会の開催を検討したいと話しました。

きょう開会した岩国市議会定例会で
福田市長は
「艦載機受け入れの是非について総合的に勘案し、最終的な判断をしていく中で
市として住民説明会の開催について検討していきたい」
と話しました。

アメリカ軍の空母艦載機部隊の岩国移駐は
早ければ今年7月に始まるとされています。
岩国市は受け入れの条件として国に求めている
安心安全対策と地域振興策が不十分として
現時点で容認していません。

福田市長は具体的な判断時期については明言しなかったものの
移駐のスケジュールありきではなく
地域振興策などの国との協議に区切りがついた段階で
判断したいとしました。

一方、岩国市議会の桑原議長はきのう開かれた
岩国市など2市2町の議長会議で
「次の6月議会までに意思表示する必要がある」
との考えを示しています。