艦載機 周防大島町と和木町が「容認」

空母艦載機の岩国移駐計画について 基地周辺の周防大島町と和木町が受け入れ容認を表明しました。

周防大島町の椎木巧町長は27日の町議会で
「町長として苦渋の選択だが 移駐を受け入れざるを得ないとの結論を出した」と話し
移駐受け入れを表明しました。
町議会も移駐を容認する趣旨の意見書を可決させました。

和木町も米本正明町長が町議会で表明しました。
「町の責任者として現実的対応をする」と説明しました。

2町の表明を受けて村岡知事は 地元自治体との協議をできるだけ早く開催する考えを明らかにしました。
県はこの協議で地元の意向を聞いた上で 30日に表明すると見られます。