菅官房長官 地元に空母艦載機の移駐理解求める

菅 官房長官が岩国市を訪れ、空母艦載機の岩国移駐について理解を求めました。
菅 官房長官は村岡知事と福田市長とそれぞれ15分程度会談しました。
空母艦載機の移駐について県と岩国市は、沖縄県・普天間基地の移設の見通しが立つ事と
国に要望している地域振興策が実施される事などを受け入れの条件としていて
現時点では容認していません。
菅 官房長官は「普天間の辺野古への移設を着実に推進する。
地域振興策についても前向きに検討する」と話し理解を求めました。
●岩国市福田市長インタビュー
「かなり前向きなご回答をいただいたところでございますが
国をあげて目に見える形でしっかり対応していただきたいと思っています」
●菅官房長官インタビュー
「基地で大変地元の皆さんにご迷惑おかけしておりますのでそういう面において
そこはしっかり受け止めて対応すべきところはしていきたい」