防府でどんど焼き

防府市の神社で正月飾りなどを燃やす
「どんど焼き」が行われ今年1年の健康を願いました。

防府市富海にある国津姫神社で行われた「どんど焼き」には、
地元の園児たちおよそ10人が集まりました。

どんど焼きは1年の無病息災を願って
正月飾りや書き初めなどを燃やす慣わしで、
地域によっては「とんど焼き」や「どんと焼き」など
様々な呼び方があります。

火にあたると体が丈夫になる、
たき火で焼いた団子を食べると病気をしないといった
御利益があるといわれています。

集まった人たちは火の周りで暖をとりながら
今年1年の健康を祈っていました。