防府市で昔ながらのお田植え祭

防府市で 古くからの伝統行事「お田植祭」が行われました。
「お田植祭」は伝統行事を若い世代に体験してもらおうと行われ、地元の小中学生50人が参加しました。
参加者は弓鎮女(ゆんしずめ)、巫女(みこ)、早乙女(さおとめ)などの伝統的な衣装で、田植え前の儀式に臨みます。
その後、早乙女姿の生徒20人が田んぼに入り、一列になって一株一株、丁寧に苗を植えていきました。

また、苗が立派に実るように祈って一生懸命「お田植唄」を歌うメンバーも。
♪お田植え唄がきこえる~
☆参加者の感想☆
「最初植えづらかったけど最終的にうまく植えられたので良かったです」
「昔の人は大変だなぁと思った。勉強になりました」

植えられた稲は秋に収穫し、神社に奉納したり、関係者に配ったりするということです。