1歳女児殺害の母親 鑑定留置へ

1月、周南市の自宅で1歳の娘を殺害した疑いで逮捕・送検された母親が
鑑定留置されることになりました。
この事件は1月16日、周南市のアパートで生後1歳3カ月の熊井りかちゃんが
殺害されたものです。
警察はその場にいた母親の熊井 佳津子 容疑者(39)を緊急逮捕し
りかちゃんの首をひものようなもので絞めて殺害した疑いで送検しました。
警察によりますと、熊井容疑者の夫が、気分が落ち込んでいる妻を心配して
携帯電話で連絡したところ娘の首を絞めたと返信があったということです。
山口地方検察庁では、熊井容疑者の刑事責任を問えるかどうか判断が必要として
鑑定留置を山口簡易裁判所にきのうまでに請求し、認められました。