25年ぶりの御開帳

萩市のお寺で県の有形文化財の仏像が25年ぶりに公開されました。

公開されたのは 萩市紫福にある佛光寺の「文殊菩薩騎獅像」です。
どっしりと力強い姿に 荘厳な表情で 光る眼は水晶でできているそうです。
参拝した男性は「非常に厳かで威厳があって 25年ぶりで大変良かった」と話しました。
法要の後は〝大般若転読〟が行われ 大勢の僧侶が家内安全や五穀豊穣を願ってお経を読みました。

文殊菩薩騎獅像の一般公開は 今月30日までです。