JAXAの解析拠点 宇部市に設置

宇宙航空研究開発機構JAXAの衛星データを
地上で受信、解析する拠点が宇部市に設置されました。

県産業技術センターに設置されたのは
JAXAの西日本の拠点。
衛星データを解析し防災や新たな産業の創出に向けた研究を行います。

JAXAの奥村 直樹理事長は
「宇宙からの情報収集の大きな拠点として
データ活用の仕組みを作っていきたい」
と挨拶しました。

センターでは筑波宇宙センターが受信した衛星データを解析。

協定を結ぶ県と山口大学に解析したデータを提供します。

式典に参加した村岡知事は
「県の防災会議にも協議会を設置し、このセンターの利活用を
しっかりと進めていきたい。
このセンターを拠点に山口県の防災力が高まるように
取り組みを進めていきたい。」
と話しました。

きょうはこのほか山口大学にも研究センターが設置され
4月からの本格的な連携に備えるということです。