警察と消防の合同職場説明会

命を守る仕事への理解を深めてもらおうと 警察と消防による合同職場説明会が開かれました。

説明会は山口南警察署で開かれ 高校生と専門学校生24人が参加しました。
警察のほか 地元の山口市南消防署が仕事を紹介していきます。
参加者は指紋採取を体験したり 火災現場で使う20kgの装備を身につけたりしました。

参加した警察志望の高校生は「自分の将来のために大事な体験になった」と話し
消防士志望の専門学校生は「どんな災害にも対応できる消防士になりたい」と話しました。

自分たちの業務内容を説明した職員たちは 九州豪雨での救出活動にも触れ
「誇りのある仕事なのでぜひ挑戦してほしい」と呼びかけていました。