山口・「あなたのタイヤは大丈夫?」高速走路SAで点検イベント

今月6日に始まった春の全国交通安全運動に合わせて、下松サービスエリアでタイヤの点検イベントが行われました。イベントはタイヤメーカーで組織する日本自動車タイヤ協会が行いました。サービスエリアへ入ってきた車を対象に、スタッフがタイヤを点検します。
☆日本自動車タイヤ協会九州支部・黒江浩一さん「外観で釘踏みが無いか、傷が無いかというのを見て頂くということと、ガソリンを入れる際にスタンドで結構ですのでエアチェックをしてほしい」
タイヤの空気圧は知らないうちに低下していることが多いとのこと。燃費や乗り心地が悪くなるほか、タイヤの破損原因にもなり、特に高速道路では重大な事故に繋がりかねません。協会関係者は月に1度は空気圧を点検して安全なドライブをしてほしいと呼びかけています。
☆ドライバーへのインタビュー「結構山道を走るので気を付けないといけないなと思う」「点検とかに頼るたけでなく自分でもきちんと見ないといけないと思う」
きょうは20台のタイヤを点検、うち2台は空気圧が低下していたため調整を行なっています。
ゴールデンウィークなど遠出する機会も増えるのできちんと点検しておきたいですね。