へき地問題を考える

「へき地」・・・都会から離れていて病院が近くにないところを言う。
山口県は面積のおよそ6割がへき地。そこでは徐々に生活の維持が困難になっていく問題があった。
選挙トップへ戻る