防府天満宮御神幸祭(裸坊祭)

日本三天神の一つ、「防府天満宮の大祭」防府天満宮御神幸祭(裸坊祭)

日本三天神の一つ、防府天満宮の大祭として、また西日本屈指の荒祭りとしても有名なこの祭りは、寛弘元年(1004)10月15日、一条天皇が初めて北野社に行啓された時、同時に勅使が防府天満宮に遣わされたことに由来する神事です。約5000人の裸坊が市内にあふれ、夕刻より巨大なお網代を引き、二体のお神輿をかついで、菅原道真公御着船ゆかりの地・勝間の浦(御旅所)までを往復する荒祭。特に、行きの大石段の下りとお帰りの大石段の上りは圧巻。翌日23日の昼過ぎからはおんな神輿も登場します。

開催場所 防府天満宮
所在地 防府市松崎町14-1
開催期間 2015年11月28日(土)
開催時間 18:00
ホームページ http://www.city.hofu.yamaguchi.jp/site/kankou-site/hadaka.html
アクセス JR山陽本線防府駅から徒歩で15分