田中 亨のブログ

冬の使者

IMG_3972

 

 

 

 

 

 

 

 

突然ですが、ここはどこでしょう?

 

 

 

 

正解は、周南市八代(やしろ)

写真は1月19日の様子です。

 

 

県内全域で雪が降りましたね。

多数のスリップ事故や広範囲で断水も起き、まだ不便を強いられている方もいらっしゃるかも知れません。

少しでも早く元の生活に戻られることをお祈りしております。

 

 

さて、県内の方はお馴染みかもしれませんが、写真の周南市八代は本州唯一のナベヅルの越冬地です。

私は、去年の秋から八代で取材をしてきました。

生き物は好きな方ですが、ナベヅルという鳥について調べるのは初めてです。

ナベヅルはタンチョウなどと違い、首から下は黒っぽい羽です。

 

IMG_3935

 

 

 

 

 

 

 

写真は親子のナベヅル。

雪の中、じっとナベヅルを見ていると、前を歩く親のツルが、後ろにいる子どものツルの様子を気にかけて、時折、振り返りながら歩く場面がありました。

人間の親子と変わらない愛情を感じ、心が温かくなったのを覚えています。(気温は氷点下でした・・・)

 

かつては300羽を超えるナベヅルが八代で冬を越していたそうです。

 

地元の方は「昔は、家の庭先までツルがやってきて、麦をついばんでいた。ツルは身近な存在だった。」

「八代と言えばツル。毎年やって来るのが楽しみ。」とお話して下さいました。

ナベヅルは八代にとってシンボルであり、アイデンティティの1でもあるのです。

 

しかし、近年は飛来数が減少し、今シーズンは過去最低タイの4羽(2月1日現在)となっています。

 

八代では、ナベヅルが夜に休むための「ねぐら」や田んぼの整備が続けられています。

自然を前に、人間の力ではどうにもできないこともあると思います。

それでも、地元の人たちの思いが“冬の使者”に届いてほしい。

ただ、ただ願うばかりです。

 

IMG_3946

 

 

 

 

 

 

 

 

「ツルの里」八代の様子について、2月1日「Jチャンやまぐち」(午後6時15分~)でお伝えします。

ぜひご覧ください!