楢﨑 瑞のブログ

去年の花見は葉桜でした

4月も中盤。

他のアナウンサーのコラムでも「」や「始めたいこと」などなど、

実に春らしい話題をみんな書いておりますね。

ええ、そうです。乗り遅れました

気が付けば桜も散ってしまったし、特段新しいことを始めた記憶もない。

ああ、そうだ。そういえば会社のお花見があった。

実に春らしい話題!これを書けば季節感のあるコラムにな…ってそれ去年も書いとるやないか

そして去年と同じく取り忘れた桜の写真。

ダメだ、何も進歩していないぞ楢崎。コラムひとつで見破られるくらいに進歩してない。

 

とはいえ、全く撮っていないワケではないのです。

IMG_9760

きれいに咲き誇っているこちらの桜。

山口市の維新公園の桜です。

少し雨が降っていて暗かったのですが、かえって桜の薄ピンクが強調されて綺麗でした。

どうです?なんとなく、春っぽい話題が出せました…よね?

IMG_9758

 

 

 

 

 

 

 

ところでこの写真は、

今月3日のレノファ山口FC vs カマタマーレ讃岐の試合前に、

スタジアムから離れたところで撮ったのですが、

この日はグラウンドでサッカー教室をやっていました。

 

ユニフォームを着た子供たちがはしゃぎながらサッカーを楽しむ姿。

そしてそれをほほえましく見守る保護者の皆さんの姿。

そして試合前とあってレノファやカマタマーレのユニフォームを着たサポーターの方もチラホラ…。

ぼーっと見ていたのですが…

なんとなく、ふと…

ああ、これが地元にJリーグがある風景なんだなと。そんなことを感じました。

 

このサッカー教室が終われば、この子供たちも維新スタジアムに足を運ぶのでしょう。

お父さんやお母さんと一緒に、Jリーガーたちのプレーに一喜一憂するのでしょう。

そしてこう言うかもしれません。「将来きっと、Jリーガーになる」「レノファの選手になる」と。

 

山口にレノファの存在があるというのは、そういうことなんだなぁと。

細かい話はここではしませんが、これが「Jリーグのある風景」なんだな、そんな風に感じました。

 

レノファの結果に一喜一憂し、翌日の会社や学校で話題になる。

久々の家族でのお出かけがサッカー観戦。親子が共通で熱くなれるものがある週末。

 

それがもっともっと広がって、県民全体が共通で熱狂できるものがある週末。

みんなが口々に言う。「私たちの街にはレノファがある」と。

 

そんな風になれば、きっと山口はもっともっと元気になる。

…ちょっとスケールが大きいかもしれませんけど、ね。

でも、そんなことを考えた春の日でした。

 

あ、春の話題をするつもりが、なんとなく真面目な話になってしまったではないですか。いかんいかん。

そんなわけで、来年こそは花見の写真を忘れずにしっかりとっておこう

それを今年度の抱負にしようと決意した、そんな今日この頃。

たぶんコレ、来年も忘れるな、うん。