楢﨑 瑞のブログ

寅年生まれのきみたちに

開幕まで、1か月をきりました。

夏の高校野球山口大会は15日にいよいよ開幕です。

yabのアナウンサー陣も、実況準備でにわかにバタバタしております。

 

そんな中、今年は少しだけ特別な思いで大会に臨む男がひとり…

IMG_1063

今回の高校野球のチーフディレクターの竹本くんです。

ボーダーシャツから忙しさがにじみ出ています。たぶん。

1986(昭和61)年生まれ、yabでも数少ない同い年の竹本ディレクター。

実は彼もまた、元・高校球児。

しかも、あの名門・宇部商業の出身なのです。

「高校野球のチーフディレクターになる未来は…さすがに12年前には想像しなかったなぁ…」

中継の準備や現場での仕切りのほかにも、予算の管理から人繰りなどなど…

膨大な仕事量をこなしながら、感慨深げに話す彼。

私も彼も、12年前の夏は、球児として「最後の夏」を戦っていました。

高校野球の実況とディレクター。まさか12年後にそんな仕事をしているとは夢にも思いませんでした。

「気づけば30歳になるんだねぇ…」

毎年夏になると、その年の高校3年生との年齢差を感じていましたが、

ことしの3年生は12歳差、ついに干支が同じ球児たちが「最後の夏」に挑みます。

もちろん、毎年全力で、同じ気持ちでやっているのですが…

「12年か…」と、

なんとなく、ノスタルジーというか、また少しこれまでとは違う、いろいろな思いがあるのも事実です。

「いろんなことを考えるけど、しっかり、いいものを作らないとね!」とは竹本ディレクター。

 

先日の抽選会のエンディングで、私は「願わくば、後悔のない夏を」と言いました。

ただ、

「後悔のない夏など、あるはずがない」

それを誰よりも知りつつ、それでも願わずにはいられない。そんな寅年生まれの私たちは、

せめて実況で、せめて中継で、

暑さと熱さに包まれて刻まれるであろう、最後の夏の記憶に彩りを添えたいと思っています。

「最後まで全力で」

がんばれ、球児たち。

寅年の君たちにエールを。

 

 

 

 

 

 

 

竹本ディレクター「あれ…でも、早生まれの子たちは寅年じゃないんだよねぇ…」

やめなさいよ。せっかくきれいにしめたのに。